img-1

ヘルパーとして働く為の資格について

急速な高齢化に伴い高齢者福祉サービスは一大業界として拡充しています。


とりわけ「高齢者になっても住み慣れた地域で生活を送れるように」とのスローガンのもと在宅福祉サービスの充実が図られています。



在宅福祉サービスの三本柱はホームヘルプ事業、デイサービス事業、ショートステイ事業ですが、ヘルパーが利用者宅を訪れ生活援助や身体介護を行うホームヘルプ事業は在宅サービスにおいて重要な役割を担っており、ヘルパーの求人も急速に増加しています。



ではヘルパーとして働くにはどのような資格を持っていたら良いでしょうか。この点、介護職員初任者研修修了(旧ヘルパー2級)以上の資格が必要となります。



介護職員初任者研修は所定時間数の講義と実技講習を受け、修了テストに合格すると取得できます。



学校、施設など様々なところで研修が実施されており、その態様も様々です。



例えば平日に集中して講義と実習講習を行うことで2週間ぐらいという短期間で資格が取得できるコースもありますが、逆に、土日のみに開講し福祉業界への転職を考えているサラリーマンやOLなどが受講しやすくしているところもあります。また都合により欠席した場合の補講を無料で受けれるところもあります。



さらに学費もそれぞれの実施主体によって大きな差がありますのでインターネットなどで自宅から通えそうなところの詳細な資料請求して、複数のところを比較して自分にあったところを探すのが良いです。


関連リンク

img-2

ヘルパーの介助を借りて

ご自宅で生活することが不便になった方々が、介護認定を申請して、介護認定を受けると、ヘルパーの方々に、日常生活の介助を申し込んで受けることが可能になります。介護認定されることによって、行政からのサービスがスムーズに受けることが出来るようになります。...

more
img-3

はじめてヘルパーさんを頼むとき注意すること

親を自宅で介護したいけれども、自分ひとりでは難しいという方も多いでしょう。そんな時に頼りになるのがホームヘルパーさんです。...

more