img-1

ヘルパーの資質に問題があれば交代の申し出が可能

介護保険で介護認定の度合いに応じて、生活支援や身体介護のサービスを受けられるようになります。



認定では、要支援、要介護にそれぞれの段階があり、実際に利用できるサービスは、認定によって時間や金額が変わって来ます。

実際に介護保険で生活支援などのサービスを受けるようになると、毎週決まった曜日や時間にヘルパーが訪問しますが、この時に、それぞれの資質でその内容が大きく変わってくることも少なくありません。



常に利用者の立場に立って、サービスを提供するために、掃除や洗濯などの家事援助を行う方もいますが、ヘルパーでも時間内に済ませれば良いというような感覚で行っている人もいる場合があります。



利用している上で、ヘルパーの資質に常識の範囲で安心なサービスが受けられていないという苦情があった場合には、申し出をすすることが可能です。



現に、事業所ではそういった苦情や相談を受け付ける体勢を整えているからです。



サービスの資質が良くないと感じたり嫌な思いをしている場合には、ヘルパーの交代も可能であることを知っておけば、もしも、嫌な思いをした場合であっても、利用者が申し出が出来るようになるので、我慢をし続けて同じヘルパーの訪問を受け続けることをしなくても済みます。

そのためにも、事業所では同じ人が継続して同じ利用者の家に行かないように、出来るだけ複数人でシフトを交代できるようにしているところが大半です。
利用者の立場では、嫌な思いをしたことなども、頼んでいるという気持ちがあるために言い出しづらい方も少なくありませんが、遠慮なく申し出をすることが出来ます。



関連リンク

img-2

ヘルパーとして働く為の資格について

急速な高齢化に伴い高齢者福祉サービスは一大業界として拡充しています。とりわけ「高齢者になっても住み慣れた地域で生活を送れるように」とのスローガンのもと在宅福祉サービスの充実が図られています。...

more
img-3

ヘルパーの介助を借りて

ご自宅で生活することが不便になった方々が、介護認定を申請して、介護認定を受けると、ヘルパーの方々に、日常生活の介助を申し込んで受けることが可能になります。介護認定されることによって、行政からのサービスがスムーズに受けることが出来るようになります。...

more